籠手
鎖帷子を自作:袖の部分で鎖かたびらの部分があるので作ってみた。
鎖帷子の作り方:1
丸カンという金属のリング×2に棒を通します。
今回は黒ニッケルの外径φ8mmを使用します
鎖帷子の作り方:2
別にリングを3個用意します。
1つのリングに2つを通します
鎖帷子の作り方:3
さらに、棒に通していた2つのリングを通します。
ここまでしたら真ん中のリングは閉じます。
鎖帷子の作り方:4
棒に新しい1個リングを足します。
鎖帷子の作り方:5
今度は1つのリングに1つ通してぶらさげます。
鎖帷子の作り方:6
新しく用意した、「作り方5」で作ったものを
下にぶら下がっているリングの一つに通します。
ここは向きがちょっと難しい。
鎖帷子の作り方:7
さらに棒に通したリングの真ん中と右の2個を通します。
通したら真ん中のリングは閉じます。
鎖帷子の作り方:8
同じ要領でどんどんやっていきます。
鎖帷子の作り方:9
こんどは縦に数を増やしていきます。

「作り方2」と同じものを用意します。
鎖帷子の作り方:10
一番下のリング2つに通します。
鎖帷子の作り方:11
作り方5〜7を繰り返して同じように横に増やしていきます。
どんんどんやって行くと作業がやりやすくなっていきました。
八重鎖という編み方です。
これで大体4時間くらい。
ずいぶんと形になってきました。
慣れてきたのでもっと時間短縮すると思います。


TOPへ



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット